プリント

 

今回は、お金を貸したり借りたりした場合の様々なトラブル例を掲載いたします。

 

Q、借用書のない貸金の回収はできますか?

1年ほど前に、友人に計200万円を貸しました。10万円ずつ6回は返してもらいましたが、残金140万円をまだ返してもらっていません。

借用書はありませんが住所はわかっているので時々自宅に伺うのですが、毎回「必ず返済するから」といってはぐらかされます。

弁護士さんに頼んで裁判で取り戻したいと考えていますが、借用書のないお金でも返して貰えるのでしょうか。

 

A、自分で解決しようとした場合・・・

何度か直接本人へ返してほしいと伝えたのですが、「今は払えないと言っているだろ!」と怒鳴られてしまいました。

当分返してもらえそうにありません・・・。

 

A、Mikataに加入していた場合・・・

貸したお金を友人から回収するため、弁護士に相談しました。

弁護士の協力のもと、裁判を起こして回収することになり、裁判にて140万円の返還請求をした結果、140万円全額を回収することができました。

弁護士報酬額と保険金支払額の詳細

保険金支払額:3万6750円 ご依頼時に発生する着手金リスクを保険金で軽減!

 

 

借用書がないからといって最初からあきらめず、弁護士に相談してみませんか?

上記のように裁判までいかなくても、弁護士が間に入ることで相手の態度が変わり、話し合いで解決になることも・・・

 

トラブルが発生した時にあわてないように、「弁護士費用保険Mikata」に加入しておくと良いかもしれません。

備えあれば憂いなしですね。

 

 

 

※上記の金額は、当社独自の計算方法のもと算出しております。各金額や各費用項目は、弁護士事務所によって異なりますので、ご依頼する弁護士に確認して下さい。

※保険金の支払額については個々の事例により異なり、必ずしも上記支払額を補償するものではありません。

※上記の金額は、税込みの金額です。保険金支払額は弁護士費用から消費税を抜いた上で計算し、最終的にお支払いする金額(税込)を記載しております。

※ご依頼されたトラブルが解決した場合、上記金額以外に報酬金等をご依頼者様に負担していただく場合がございます。詳しくは、ご依頼された弁護士に確認して下さい。