今回は、葬儀に関するトラブルの話題です。

よく、葬儀社のチラシやホームページで、「葬儀一式30万円!!」などを目にしたことはありませんか?

しかし、実際にそこに申込み、200万円以上の料金がかかったなどのトラブルが発生しているようです。

いったい、これはどういうことでしょうか?

 

ここ最近では、費用をかけないお葬式の形式がとられることが多くなってきています。

しかし、売り込みキャッチコピーにある「葬儀一式30万円!!」というものには、消費者と葬儀社の間で、大きなギャップが生まれているようです。

 

それではまずは、葬儀費用の内訳を見ていきましょう。

一般的に、平均葬儀費用は、120万円ほどといわれています。

 

  • 祭壇60万円
  • 式場使用料10万円
  • 棺8万円
  • 遺影写真3万円
  • 霊柩車5万円
  • 骨壷骨箱5万円
  • マイクロバス4万円
  • 枕飾り3万円
  • 安置料2万円
  • その他諸経費20万円程度。

これで合計120万円となります。

 

ただし、これ以外に

参列者への飲食接待費40万円程度寺院への戒名等のお布施50万円程度が更にかかります。

実際は、葬儀社の言い値で実施されているのが現状のようです。

 

それではなぜ、「葬儀一式30万円!!」が最終的に 200万円以上になってしまうのでしょうか?

それは、「葬儀一式30万円!!」の一式には、葬儀自体に使う最低限の物しか一式に含まれていないからだそうです。

この葬儀自体には、必ず必要になる火葬料金や霊柩車やマイクロバスなどの搬送料金などが含まれていないのがほとんどだということです。

もちろん、飲食接待費、寺院への戒名等のお布施もはいっていません。

そのうえに、葬儀社が、『故人が悲しみますよ』などといい、祭壇やお花をより豪華なものに引き上げようと悪質な営業トークで大切な人を亡くして冷静な判断ができない遺族に迫るケースもあるようです。

葬儀前日や当日に葬儀社から色々なことを言われると断れないのが現実です。

 

ここが、消費者と葬儀社の間で、生まれる大きなギャップのようです。

葬儀一式とは、葬儀自体に使う、安い祭壇や会場費などの最低限の金額。

決して、葬儀関わる経費すべての総額ではないということです。

葬儀一式総額ではないのです。

 

葬儀社を選ぶときは、葬儀関わる経費すべての総額内訳をしっかり確認し、選ぶことが大切かもしれません。

もし、そんなトラブルが発生した時にあわてないように、「弁護士費用Miakta」に加入しておくことも良いかもしれません。

備えあれば憂いなしですね。

299_original