トラブルは対岸の火事ではありません。
実際に寄せられた相談件数からもわかるように職場や近隣住民とのトラブルなど、
公私に関わらずトラブルに巻き込まれる可能性は誰にでもあるのです。

現代は様々な便利があふれ、私たちはその中で活用して生きています。
環境の変化についていくのにも努力が必要です。
たとえば、インターネットは便利ですが、それが悪用されるとトラブルになることもあります。
また、相続のトラブル、労働のトラブル、子供のトラブルなども少なくありません。

それでは、分かりやすく婚約破棄を例に挙げて、見ていきましょう・・・。

もし、あなたが一方的な婚約破棄を受けた場合、相手方に損害賠償や慰謝料を含め300万円ほど請求することができます。

続きを読む >>

名称未設定-1