美容医療トラブルの現状state_image_01

 

美容医療とは、皮膚科・外科・内科など専門医療の知識や技術をベースにして「美容を目的とした医師が行う医療」です。

最近では「プチ整形」「レーザー脱毛」や「ヒアルロン酸注射」、「シミ取り」「まつげのエクステンション」等、

手軽な美容医療サービスが広がりを見せています。

それらのトラブルとは、施術を受けたことにより「危害」を受けた、ということになります。

美容医療トラブルの現状

消費者庁の調査によると、PIO-NETに収集された消費生活相談の内、「美容医療サービス」の施術により危害を受けたという相談は年々増加を示しています。

美容医療サービスに関する年度別相談件数

 

美しくなりたいと願う気持ちは、誰もが持っているものです。
「プチ整形」という言葉に代表されるように、美容メニューの多様化、施術時間の短縮、料金の値下がり、などにより

以前よりも美容医療サービスを気軽に受ける人が増えています。
半面、その施術が適当かどうか、医師と十分な話し合いができていない事などから起因する施術後のトラブルも急増しています。

しっかりと情報収集し、万一の時の対処法を身につけておくことも大切ですね。

 

○ 美容トラブルにあわないためにあらかじめ知っておきたいポイント

○ 残念ながらトラブルにあってしまった場合の対処方法

詳しくはこちら▸▸▸「トラブルの予防と対症で安心の暮らしを。解決コンシェル

 

トラブルがおこってしまう前に、弁護士費用をカバーする「弁護士費用保険Mikata」で、もしものトラブルに備えておきませんか?