今回は、離婚のときの慰謝料に関する話題です。

 

協議離婚は、案外簡単です。
協議離婚に必要なものは、以下の3つとなります。
 


① 夫と妻の間での、「離婚する」との合意
② 未成年の子がいる場合、その親権者をどちらにするか
③ 離婚届の提出

 

– 慰謝料の請求は? –

離婚の際に、適切な額の慰謝料を請求するためにも、慰謝料について知っておくことが重要です。

 

慰謝料額の相場としては、100万円から300万円が相場のようです。

ただし、婚姻費用や養育費と異なり、離婚に伴う慰謝料には、いわゆる算定表というものはなく、慰謝料の金額は、様々な事情を考慮して判断されるようです。

 

– 慰謝料請求の方法 –

慰謝料請求は最終的に民事訴訟によって解決するものです。

 

もっとも、離婚に伴う慰謝料請求は、夫婦間の離婚に密接に関連する事項なので、調停前置主義の適用を受け、訴訟を提起する前にまず家事調停を申し立てる必要があるようです。

 

– 慰謝料請求の時期 –

慰謝料請求は、3年で時効にかかってしまいます。

 

もし、時効完成間際であれば、時効の中断の手続などを採る必要があるので、是非お早めに弁護士にご相談下さい。
離婚の法律相談、他にも離婚に関するハウツーなど、離婚に関することは弁護士にご相談ください。

 

また、セクハラやドメスティックバイオレンス、不倫、ストーカーなど広い意味での「男女間の問題」なども弁護士に相談することがベストです。

 

「弁護士費用 Mikata」に加入すると、月々2,980円、日割り計算で1日98円で弁護士があなたの味方になってくれます。

 

日常生活の多くのトラブル対策に「弁護士費用 Mikata」に加入しておきませんか?

「弁護士費用 Mikata」に関する続きはこちら>>

名称未設定-1