突然起こった事故・アクシデントを原因とする損害賠償や事故処理に関するトラブル例をご紹介させていただきます

 

Q、交通事故にあった際の相手の主張に納得いきません

先日車を運転していたところ、交差点で交通事故にあいました。こちらは青信号を直進していて、赤信号を無視して直進してきた車に右横から衝突されました。
私は全治3ヶ月の重傷を負い、右目を失明しました。 先日相手の保険会社が出てきて7:3による示談交渉を求めてきました。
こちらは青信号を直進、相手は赤信号を無視して衝突されたので、私には非がなく100%相手が悪いと思っていますので、今のままでは到底納得できません。
ですので、弁護士の方に協力していただきたいと思っています。よろしくお願いします。
 
 

A、自分で解決した場合

どうしても納得できなかったので何度か保険会社の方と交渉しましたが、
「申し訳ないのですが、今回のような事故の場合、当社の保険では7割が支払限度となっています」と言われてしまい、
仕方なく7:3で了承しました。
それでも1050万円はお支払いいただけたので、この金額で納得しようと思います。
※得られた経済的利益:1050万0000円   ※経済的利益とは
 

A、MIkataに加入していた場合

保険会社の提示する過失割合にどうしても納得できないため、弁護士に交渉と損害賠償請求を依頼しました。

弁護士の協力のもと裁判を起こすこととなり、損害賠償2000万円を請求した結果、

過失割合10:0と失明したことによる後遺障害等級13級が認められ、1500万円を支払っていただくことができました。

※得られた経済的利益:1500万0000円

弁護士報酬額と保険金支払額の詳細

保険金支払額:116万0500円 ご依頼時に発生する着手金リスクを保険金で軽減!

このような深刻な悩みを少しでも早く解決できるよう、早いうちに弁護士に相談してみませんか?

上記のように、弁護士が間に入ることで裁判を起こすことができ納得できる解決方法が見つかることも・・・

 

何かおこってしまう前に、弁護士費用をカバーする「弁護士費用保険Mikata」で、もしものトラブルに備えませんか。

 

上記の金額は、当社独自の計算方法のもと算出しております。各金額や各費用項目は、弁護士事務所によって異なりますので、ご依頼する弁護士に確認して下さい。

※保険金の支払額については個々の事例により異なり、必ずしも上記支払額を補償するものではありません。

※上記の金額は、税込みの金額です。保険金支払額は弁護士費用から消費税を抜いた上で計算し、最終的にお支払いする金額(税込)を記載しております。

※ご依頼されたトラブルが解決した場合、上記金額以外に報酬金等をご依頼者様に負担していただく場合がございます。詳しくは、ご依頼された弁護士に確認して下さい。

 

プレビュー