◆ 妊娠・結婚トラブル(俺の子じゃない!) ◆ 

 

交際相手の妊娠がわかり、結婚。

その後、こんなトラブルが起こってしまったら・・・

まずは動画をご覧ください。

 

1. 法的問題点

DNA2

 

テレビドラマなどでは、登場人物が複数の異性と付き合う、いわゆる二股の場面がよくでてきますが、

現実にも、そのような二股の結果、本当に自分の子供なのかどうかが疑わしい・・・

という紛争が起こることがあります。

 

この点、母親の場合は分娩という事実から、親子関係が確実に確定しますが、特に父親の場合、

親子関係は母親のように明らかに確定することができなくて、父子関係に疑いが残るケースがあります。

 

2. 対応策

 

このような間違った親子関係であっても、一度戸籍に登録されると訂正することができないと

誤解している人がいますが、親子関係は社会的に重要な法律関係の一つですから、これが存在するか否かは、

裁判で争うことで戸籍の誤った記載を訂正することができます。

 

具体的には、父子関係に疑問を持つ父親は、摘出否認の訴えや親子関係不存在確認の訴えという裁判を起こすことが可能で、

DNA鑑定などの証拠を提出することによって、比較的容易に裁判所で判断してもらうことができます。

 

3. その他注意事項

 

間違った父子関係が訂正されなければ、養育費の支払や扶養義務など、他の多くのトラブルに波及しますから、

早めに弁護士にご相談いただくとよいと思います。

 

弁護士法人 リーガルジャパン

弁護士 木下 慎也

 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

弁護士に相談・依頼したいと考えても、費用が高そうであきらめてしまうという方が大変多いのが現状です。

そんなとき ”弁護士費用保険Mikata” に加入していれば安心です!

弁護士費用の負担を軽減できますので、気軽に相談しやすくなります。