ネットトラブルの具体例

 

いわゆる「出会い系サイト」は、サイトの運営者は事業者ですが、そこに参加する人は消費者で、

消費者同士のやり取りを支援することをビジネスにしています。

出会い系サイトにお金を払った人は、こんなトラブルを抱える可能性があります。

 

1.料金だけ請求されて「出会い」がないことはないか?
2.出会った相手とトラブルが起きる可能性はないか?

 

出会い系サイトは、異性を求める人が参加して、いい相手がいたらメールのやり取りができる環境を提供するものです。

メールのやり取り(受信・送信等)をするたびに運営会社に数百円の手数料を払います。

メル友のつもりで何件もメールを送ったり、受けたりすると、料金はどんどんかさんでしまいます。

国民生活センターが集計した「出会い系サイト」関連の相談で、相談者が支払った金額の平均は45万円!!に達しています。

これはあくまでも平均額ですから、これより少ない人もいれば、数百万円、さらにそれ以上支払った人もいるのです。

 

「出会い系サイト」に関する消費者生活相談の件数及び平均支払額

しかしそれでも本物の出会いがあればいいのですが、出会い系サイトに料金を支払って参加している人とメールをしていた相手が、

まったくの「サクラ」だったということがあります!

つまり運営会社のアルバイトだった・・・ということもあるのです。こうなると「出会えない系サイト」です。

 

しかし、こういった手口が世間に知られるようになって、騙される人が少なくなると、また別の手口が開発されました。

それが芸能人をかたった出会い系や、利益誘引型といわれる「出会い系サイト」の変形です。

利益誘引型というのは、どこの誰か知らない人からメールが来て

「私とお付き合いしてもらえば、ちょうど遺産が転がり込んだので、○○○万円差し上げます」

といった、普通の感覚では荒唐無稽・・・信じられない!!という言葉がぴったりの話が提案されます。

 

最近では、出会い系サイトに関する相談のうちなんと!4件に1件!は、このようなネタで誘引されたものなのです!

こんな話に騙される方も騙される方と感想を持たれる方も多いと思いますが・・・実際に騙されている人がたくさんいるのです。

原因は、ネットという匿名性と非対面性がなせるわざかもしれません。

誰かに相談する間もなく、うっかり返信したところから相手に術中にはまってしまうのです。

 

多くの方が、迷惑メールやワンクリック詐欺、架空請求などの詐欺メールが届いたことがあるのではないでしょうか?

悪質な詐欺事件もどんどん増えていて、今の時代、いつどんなトラブルに巻き込まれるかわかりません。

弁護士費用保険Mikata」で、もしものトラブルに備えておきませんか?